calibreで青空文庫をKindle形式に変換

電子書籍のためのcalibreというアプリケーションがあることを知りました。GPLで配布されているフリーソフトウェアです。
calibreには以下のような機能があります。

・電子書籍ライブラリを題名や著者名などで検索して一覧表示したり、題名や著者名などのメタデータを編集する機能。
・電子書籍ファイル形式の変換機能。EPUB, HTML, MOBI, PDF,その他, 多様な形式に対応 しています。
・電子書籍デバイスとの同期機能。USB接続したAndroidなどの 電子書籍デバイス にアップロードができます。
・電子書籍のビューワとしての機能
・他にもネット上の複数の電子書籍ストアを検索したり、ニュースサイトから記事をダウンロードして電子書籍に変換するなど、 色々と便利な機能 があります。

 
[参考URL]
calbreのサイト: http://calibre-ebook.com/
ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/Calibre

[ダウンロードとインストール]
calibreは 複数のOS に対応しています。私の場合はLinuxにインストールしました。インストールの前提条件など、以下の通りです。

・You need GLIBC 2.10 or higher.
・You must have xdg-utils and python ≥ 2.6 installed on your system before running the installer.
・There is no uninstaller. Simply deleting the installation directory will remove 99% of all installed files.

私の場合はScientific Linux 6.1とFedora15にインストールして使っています。(私のFedoraは古いリリースです。どうやら今年の 1月15日にFedora18がリリース されるようなので、インストールしようと思います)
以下の手順でダウンロードとインストールができます。pythonスクリプトlinux_installer が実行され、calibre-0.9.13-i686.tar.bz2が解凍、展開されてデフォルトでは/opt/calibreディレクトリの下にインストールされます。

# python -c "import sys; py3 = sys.version_info[0] > 2; u = __import__('urllib.request' if py3 else 'urllib', fromlist=1); exec(u.urlopen('http://status.calibre-ebook.com/linux_installer').read()); main()"

Enter the installation directory for calibre [/opt]: 
Will download and install calibre-0.9.13-i686.tar.bz2 
                    Downloading calibre-0.9.13-i686.tar.bz2                     
100% [======================================================================]
                                                                                Downloaded 56313993 bytes 
Checking downloaded file integrity... 
Extracting files to /opt/calibre ...
Extracting application files... 
Creating symlinks...
	Symlinking /opt/calibre/fetch-ebook-metadata to /usr/bin/fetch-ebook-metadata
	Symlinking /opt/calibre/lrf2lrs to /usr/bin/lrf2lrs
	Symlinking /opt/calibre/ebook-convert to /usr/bin/ebook-convert
   ...........(途中省略).........................................................................
	Symlinking /opt/calibre/calibredb to /usr/bin/calibredb
Setting up bash completion...
Installing bash completion to /etc/bash_completion.d/calibre
Setting up desktop integration...

You can automate future calibre installs by specifying the installation directory in the install command itself, like this:

sudo python -c "import sys; py3 = sys.version_info[0] > 2; u = __import__('urllib.request' if py3 else 'urllib', fromlist=1); exec(u.urlopen('http://status.calibre-ebook.com/linux_installer').read()); main(install_dir='/opt')"

Change /opt above to whatever directory you want calibre to be automatically installed to

Run "calibre" to start calibre
$ ls /opt/calibre/
bin                calibre-server       ebook-meta            lrfviewer
calibre            calibre-smtp         ebook-viewer          lrs2lrf
calibre-complete   calibre_postinstall  epub-fix              markdown-calibre
calibre-customize  calibredb            fetch-ebook-metadata  resources
calibre-debug      ebook-convert        lib                   web2disk
calibre-parallel   ebook-device         lrf2lrs

[calibreの起動]
インストール後、calibreコマンドを実行すると起動します。

$ calibre

最初に起動した時は、以下の設定画面が表示されます。

1) ライブラリはデフォルトでは ~/Calibre Library ディレクトリになります。そのまま[次へ]を押します。


2) 製造元はAndroid、デバイスはAndroid tablet with Kindle reader を選びます。そして[次へ]を押します。


3) 次に表示された画面で[完了]を押します。

4) Nexus7がUSB接続されていると、デバイスが検知されて次のウインドウが表示されます。[はい]を押します。


5) 設定が完了すると次の画面が表示されます。電子書籍化されたcalibreのマニュアルがライブラリに入っています。
  * 全メニューを確認するには画像をクリックして拡大表示してください。

[青空文庫をKindle形式に変換]
青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)をKindle形式に変換するには以下の手順を実行します。青空文庫では本を作家名、あるいは作品名で検索できます。
以下は宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」をダウンロードしてKindleの.mobiファイルに変換する例です。

1) 青空文庫から宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」のHTML形式のファイル 470_15407.html をダウンロードします。

2) calibreの上部左のアイコン[本を追加]を押し、ダウンロードしたファイル 470_15407.html を指定します。ライブラリに「セロ弾きのゴーシュ」が追加されます。


3) KindleのMOBI形式に変換するには、ライブラリで「セロ弾きのゴーシュ」を選択した状態で上部左から3番目のアイコン[本を変換]を押します。
 次の画面が表示されるので、データを編集することもできます。特になければそのまま[OK]を押します。


4) ライブラリにMOBI形式のファイルが追加されます。
$ cd ~/"Calibre Library"/Miyazawakenji
$ cd "Miyazawakenji  sero Hiki no go shu (3)"
$ ls -1 ←.mobi, .zip, .opfの3種類のファイルができています
Miyazawakenji  sero Hiki no go shu - Miyazawakenji.mobi
Miyazawakenji  sero Hiki no go shu - Miyazawakenji.zip
metadata.opf

5) Nexus7に転送するには上部左から5番目のアイコン[デバイスに送信]を押します。この時、Nexus7のUSBデバッグモードはオフにしておきます。
 (あるいはUSBデバッグモードで、「$ adb push MOBIファイル /sdcard/kindle/」を実行してもOKです)

これでNexus7の/sdcard/kindleディレクトリの下に「Miyazawakenji  sero Hiki no go shu - Miyazawakenji.mobi」ファイルが転送され、Kindleのライブラリに追加されます。

[電子書籍のビューワとして使う]

ライブラリの中の読みたい本をダブルクリックすると、ビューワが起動して本を読むことができます。

[その他の機能]

・画面上部右側のアイコン[本を入手]を押して、著者名や作品名を入力し、ネット上の複数の電子書籍サイトを検索できます。
 値段の比較や、DRM(Digital Rights Management: デジタル著作権管理)の有無などを確認できます。
 前回のブログ で載せた、著作権の期限が切れた洋書のほとんどを0円で入手できる電子書籍サイトがあることがわかりました。
・画面上部中程から右にあるアイコン[]を押し、ニュースサイトを選択し、ダウンロードした記事を電子書籍にして読むことができます。
 登録済みのニュースサイトの場合は画面左側の[ニュース]タブをクリックします。

[参考]
以下のURLに、calibreの作者Kovid Goyal氏自身が使い方を解説した10分半くらいの動画があります。機能全体について短時間で把握するのに役立ちます。

http://calibre-ebook.com/demo

以下のURLに、calibreでの電子書籍管理やファイル形式の変換などについての詳しい説明(日本語)が載っています。 ←(追記: 1/7/2013)

http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/calibre/0001
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/calibre/0005