囲碁教室

囲碁教室は1週間に一度、土曜日の午前中に開かれている。
教室には70~80名も入っていて、はじめの1時間はプロの講義。
続く1時間~1時間30分は対局。

本日の講義は今年に入って続いている「中国流」の布石について。
言っていることはわかるのだけど、身につかないような気がする。
質問したいときに質問もできない感じ。一方的な講義は苦手。
(テレビで囲碁講座を見ている方が盤面がよく見える分、イイんじゃないだろうか)

対局は、いくつか連勝すると昇級。(昇級ルールは覚えておらず)
今日、対局前に自分の級を見てみると、いつのまにか14級になっていた。

そして対局相手は同じ棋力 (おそらく教室に入って3、4ヶ月目の人だけど)。
対局の組み合わせはプロ棋士である先生が全て決定。

棋譜を取る余裕がないので、どういう対局かは詳しく説明できないが、
私の打つ手に相手が応えてばかりの印象を受けた。
もしかして今日は気持ちで勝ったのかも。

新しいコメントの投稿