空の形

手筋の問題集を解いていると、ときどき出てくる「石の下」という手筋。
ご存知でしょうが、「石の下」とは取り上げられた石の跡を利用する手筋(手段?)のこと。しかし、これを最初に知ったときは「おぉ、逆転の発想だ」と驚いた。

今も理解しているとは言いがたい。「捨て石の心、初心者知らず」(という言葉を勝手に作ってみたが)、まだ捨て石を利用するほどの実力は無いので、同様の「石の下」を利用できるほどの器量もない。

それから、「逆転の発想」つながりで最近、気になっていることがある。
石の形は、当然意識するものだが、逆に「石が無いところの形」というものも意識しなければいけないのかもしれない、と思うようになってきた。それは石の下だけの話ではなく、石が置いていないところ、つまり「空(くう)の形」ができているところ全般。

そういう「空の形」を認識できるようになったら、もしかすると何か面白い発見があるかも、という淡い期待がある今日この頃。

――――――――――
追伸:自分の経歴からして「形」というものの認識やその機能について、興味を持ってしまう。それは、幾何学的な法則性を求めると同時に、その環境での機能性を考えてしまう、ということ。
囲碁に限らずこの世界のあらゆるものが、人の認識や意識の底の方でつながっているような気がして、その具合がどうなっているのか知りたいのだろう。

返信