石との一体感

忙しい時期を脱した。
こういう時、大抵の場合、それまでを振り返り、何かを得ようとする。

そんな中『脳の中の身体地図』という本にたどり着いた。

そこには「ボディ・スキーマ」についての記述があった。ボディ・スキーマとは、たとえば、帽子をかぶったら、その人は帽子を自分の体の一部と認識してしまう、というものだ。

これは、私たちが日常で何かしらの道具を操作するとき、その操作に熟練してくると、道具が体の一部になったかのように、道具の存在すら忘れてしまうことがあるのと同じだ。

ということで、盤上に置かれた碁石であっても、「ボディ・スキーマ」で、自分の体の一部と認識すれば、石との一体感が得られるのではないだろうか。

そうすることで、石の位置や形を自分の体の一部であるかのように、操作できるようになるかもしれない、と淡い期待を抱く。

返信