2011年2月5日(土) 囲碁教室‐指導碁

 本日も天気は良くて、気分よく教室にと到着。 なんだか久しぶりに土曜教室に参加した気がする。 (そういえば、相変わらずOtakeさんは来ていない。)

 教室に到着して、まず解いてきた『囲碁教室 初級編3』を提出。
逆に『囲碁教室 初級編4』を受け取った。 いよいよ初級編の最後の冊子に到達。

 さて、本日の内容は、まず指導碁から割り当てられた。 担当は久しぶりな気がする新垣 望さんによる三子局。

 以下に指導碁の内容をまとめる。





以上

 五子局と比べ、三子局では「早めに攻撃をしかける」のもアリだということだった。

 まぁ今回は、望さんが意図的に白にスキを作ってたような感があり、黒に厚みもできてたので早々に仕掛けたのだけど、自分としては五子局のほうが早々に戦いを仕掛けても良さそうな気がしていたので、そもそも発想が全くの逆だった。

返信