『みんな集まれ! 囲碁教室 どんどんわかる入門編2』

 『入門編2』の内容は「アテかた(両アタリも含む)」や、「逃げ出す石の行方」を思い描いたり、「着手禁止点」、「コウ」という考え方を学ぶための問題が含まれている。

 Ikenagaはコウを意識して勉強していないので、指定された石を助けるべくコウの形を作ったり、コウを仕掛けたりする問題は興味深いと感じた。 でも、その問題に限って4問分しかないのは残念。

 

表 紙
内 容 ◆ 第1章 アタリの方向

・ アテる石を盤端へと向かわせるアテかたの説明(1.5ページ分)

・ アテる位置を答える二択問題(22問分)

・ アテる位置を自分で見つける問題(28問分)

◆ 第2章 逃げられますか?

・ 1章の内容と関連して、石が逃げ出せるか問いつつ、逃げられない石を逃がすと損になる、ということを説明(1.5ページ分)

・ 指定された石が逃げられるかどうかを答える○×問題(34問分)

◆ 第3章 両アタリ

・ 両アタリの形を説明(1.5ページ分)

・ 指定された2~3つの石を両アタリにする位置を答える問題(10問分)

・ 両アタリにする位置を答える問題(石の指定はない)(20問分)

・ 両アタリする位置を答える二択問題(6問分)

◆ 第4章 着手禁止点(打ってはいけないところ)

・ 着手禁止点の説明(1.5ページ分)

・ 着手禁止点かどうかを答える○×問題(28問分)

◆ 第5章 コウ

・ コウの説明(2ページ分)

・ 一手加えてコウの形にする(仕掛ける前)問題(20問分)

・ 一手加えてコウを仕掛ける問題(10問分)

・ 指定された石を救うべくコウの形にする、もしくはコウを仕掛ける問題(4問分)

◆ 解答編

・第1章から第5章までに出題された問題の解答(解説は無い)

サイズ 182mm×257mm(B5)/厚み:約3mm
頁 数 64頁
発 行 2002年8月15日
企 画 IGC
発行所 国際囲碁大学
定 価 500円(税込)

返信