11月23日(水・祝)-ペア碁

 この日は、友人3人と外出する予定だったが、イベントが雨天中止となってしまったため、急きょ予定を変更し、Ikenaga宅での囲碁講習となった。
 
 その友人達の囲碁経験はというと 「まったく初めて」「少しだけ親と打ったことがある」「小学校で打っていたが、それ以来打っていない」 ということだったので、まずは九路盤を使ったルールの確認から始めた。
 
 基本的なルールだけを手短に説明して、すぐに九路盤で対局してもらった。 その中でルールの適用のされ方や、説明しきれていないルール(コウなど)を確認してもらった。 (また、隅は効率が良くて中央は効率が悪いとか、辺では縦長より横長の方が石数が少なくて効率的に地が作れる、とかも説明した。)
 
 その時、経験の無い友人の打ち方は経験の無い打ち方で、少しは打ったことがある友人は少し打ったことがある打ち方で、もっと打ったことがある友人はもっと打ったことがある打ち方だったので、「囲碁の経験値がそのまま打ち方に現れるんだなぁ・・・」 と、とても興味深かった。
 
 
 そして、「ある程度ルールも把握できたようだし、ペア碁を打とう!」 と提案。 まったく囲碁経験が無い友人とIkenagaが組み、囲碁経験のある友人が組みとなって、今度は十三路盤で打った。
 
 勝敗の行方はご想像にお任せするとして、Ikenagaもペア碁は初めてだったので、組んでいる相手の棋力を考慮して 「相方が打ちやすい形に打ち進めなければ・・・」 とか、いつもと違った思考が働いたりして、結構面白かった。

 やはり囲碁はコミュニケーションということを再確認できたが、組んだ友人とは、ほぼコミュニケーションを取ることができなかった(苦笑)。
 
 今回、初の試みだったが、みんな楽しんでいるようだったし、これを機に友人たちにも囲碁に親しんでもらえれば嬉しい限り。
 
 ということで、11月23日は囲碁濃度の濃い祝日となった。
 
 
追伸:「こういうものもあるよ」 という紹介のつもりで、最後にみんなで任天堂ゲームキューブの『ヒカルの碁3』をプレイした。 そういえば、1年半ほど前に初めて『ヒカ碁3』をプレイしたときは、四苦八苦していたIkenagaだったが、この日は 「ここに打ったら良さそう」 とポイントが自然に見えてきた。 普段、自分の棋力が上がっている、という実感はなかなか得られないのだが、この時ばかりは 「1年半のあいだ訓練してきただけはある」 ということが判った。

返信