レベルにあった囲碁本‐11月13日

 この日は、7冊の囲碁本を囲碁サロン燦々に持参して、Ikenagaのレベルにあったものを、新垣 未希さんからチョイスしてもらった。
 



「今のレベルにあっていて良い問題集」と言われた2冊。


◆マイコミ 『ひと目の手筋』 趙 治勲 著

 言わずと知れた『ひと目シリーズ』の名著。
 簡単な問題を何度も繰り返し、投げ出さずに解く。
 多くの囲碁指導者から言われていることを実践できる問題集。
 
 
 
◆マイコミ 『ひと目でわかる「本筋・俗筋」対照表』 月刊碁学 編

 出題の意図を汲み取る練習に向いている。
 ただし、出題と解説が隣り合って並んでいるので解説を
 何かで隠しておかないと、ついつい答えが見えてしまう。
 
 
 



「読み物としてレベルにあっている」と言われた2冊。


◆マイコミ 『初段突破! ひと目の布石』 趙 治勲 著

 『ひと目シリーズ』のうちの一冊。
 布石の場合は答えが一つとは限らない。
 よって、その一手を打つ理由、考え方を身に着ける、ということになる。
 
 
 
◆マイコミ 『やさしいヨセ』 牛窪 義高 著

 『碁は戦略』や『碁の戦術』で影響を受けた、牛窪先生のヨセ本。
 十五路盤という、見慣れない盤だが、さまざまなヨセが出題されている。
 ちょっと入り組んで見えるのがヨセ初級者のIkenagaにとって難点。
 
 
 



「今のレベルでは、ちょっと簡単」と言われた1冊。


◆マイコミ 『世界一役に立つ 実践詰碁』 石倉 昇 著

 昨年度までお世話になった先生の本。
 詰碁の基礎を身に着けられる。
 今一度読み返したいと思い持参する本に入れてみた。
 

 



「今のレベルでは、難しい/ちょっと難しい」と言われた2冊。


◆マイコミ 『石の連絡トレーニング270』 月刊碁学 編

 最初の数問を解いてみて「実にシステマチックな出題」と思い
 本棚にずっと眠っていた本。
 やはり今のレベルでも難しい様子。
 

 
◆日本棋院 『即効上達シリーズ1 侵略のテクニック』

 「モチベーションが下がるような難しい問題が多い」
 ということで、現段階では薦められない、ということ。
 個人的には第1章の問題であれば面白く臨めた。
 
 
 



 
 
 以上の中の4冊は12月以降の自己学習用の囲碁本となりそう。
 4冊あれば、12月は十分に学習できるだろう。

 また、もし気になる本があれば、持ってきて判断してもらえる様子。

返信