手数の習慣

 未だに手数をきちんと数えない。 この点は囲碁を勉強し始めた頃と比べて、ほとんど成長していない。

 理想は 「その石群をみただけで手数が分かる」 という状態。

 碁に慣れると感覚的に手数がわかるのかもしれないが、現在のIkenagaは些細な手数も直感で認識できているのか、実に怪しい。

 かといって、手数を数えていたら頭がおかしくなりそうになる。 できれば 「これぞ!」 という時に数えるくらいになりたい。 しかし、どのタイミングで手数を数えるのか、あまりよくわかっていない。

 おまけに石がたくさんあると、どの石群とどの石群の手数を数えておくべきか等の判断が難しい。 また、3つも4つも手数を覚えておかなければならない石群があったら、お手上げ。

 結局、何が言いたいのかというと 「今までのトレーニングだけじゃ、Ikenagaの頭は手数を数えるようにはならないのでは?」 ということ。

 きっと 「数えるように意識すればイイ」 と言われるのだろう。 その 「意識する」 という状態に至るのが難しいから困っている。 だからIkenagaは、意識することすらトレーニングで鍛えたい、と思う。

 攻め合い。 要石とカス石。 戦っている石とそうでない石。 こういった根本がわかっていないんだろうなぁ。

返信